施療について

■つわり軽減施療

つわりとは、妊娠初期に起こる、胃のむかつき・吐き気・食欲不振・唾液の過多・全身のだるさなど不快な症状のことをいいます。(医学的用語:妊娠悪祖)

一般的には早い方で妊娠5~6週頃から始まり、14~16週くらいまで続きます。(ピークは10~12週位)

大半の妊婦さんに見られるこの症状ですが、つわりを全く感じない方もいらっしゃいます。  

 

 

【西洋医学的な考えから見た原因】

妊娠すると子宮の中の絨毛(これは後に子宮壁から栄養を受け取り、胎盤を形成)から(ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが大量に出てきます。
このhCGが脳の嘔吐中枢を刺激するので吐き気が起きるとされています。
その他、精神的ストレスによる自律神経の乱れ、身体が赤ちゃんを異物と認識することによるアレルギー反応なども原因として挙げられています。

 

【東洋医学的な考えから見た原因】

妊婦さんの体は、赤ちゃんができると栄養(気血)が取られるためにエネルギー不足になります。
気の循環が悪くなり、本来“上から下に流れる胃の気”が逆に上にあがってしまうようになります(胃の上逆)。これが嘔吐につながります。

 

3step.jpg

つわり改善ケアはつわり改善専門家の私がこれまでの約10年間の臨床経験から結果の出ている鍼灸的施術、内科的レーザー療法、上部頚椎・頭蓋骨・内臓調整を組み合わせた独自のテクニックのトライアングル療法で一般的な鍼灸院や整体院よりも圧倒的に高い施術効果を実現しています。

 

[内科的レーザー療法]

世界初、レーザー専門総合病院大城クリニックのレーザー理論を取り入れています。
内科的レーザー治療では出力を落とした弱いレーザーを使います。
低反応レベルレーザー治療(LLLT)とも言われ、細胞を活性化させる作用があることがわかっています。
照射しても痛みはまったくないうえ、細胞が元気になることで、子宮や卵巣が若返り、もともとの機能がレベルアップするなど、さまざまな効果が期待できます。
弱いレーザーの働きにより、脳血流が30%以上もアップします。
低反応レベルレーザー治療(LLLT)とも言われる内科的レーザー治療は、出力を落とした弱いレーザーを使うことにより細胞を活性化させる作用があることがわかりました。
“生きた改善ポイント”を使うことで自律神経を整えたり、ホルモンバランスを安定させ体の不調を整えていきます。
内科的レーザー療法は大城クリニックをはじめとする婦人科などの病院でも行われているので妊婦さんにとっても安全・安心です。

 

[頭蓋骨・内臓・頸椎・経絡調整]

妊婦さんに共通してみられるのは肝臓、腎臓の機能低下と横隔膜の制限です。
横隔膜の制限により心臓にも負担がかかっている方も少なくありません。
基本は内臓調整、クラニアル(頭蓋骨調整)、頸椎調整、経絡調整で施術していきます。
押したり、揉んだり、ボキボキすることもなく、手を触れているだけの調整で安全にかつ 瞬時に体の状態を引き上げます。
神経伝達や脳脊髄液の分泌を整え、内臓の機能を高めていきます。

 

こういった複合的なアプローチが3ステップ式になっていて、西洋医学・東洋医学の理論を基に施療ができるというのが他の一般的な鍼灸院や整体院とは大きく違う点なのです。

 

■つわり以外の妊娠中や産後の方の施療について 

妊娠中や産後は、つわり、むくみ、疲労感、視力低下、頭痛、腰痛、情緒不安定、体型の変化など様々な変化をきたします。
妊娠中は日々身体が変化していきます。お腹がどんどん大きくなるために体の重心がズレていくだけではなく、体内のホルモンバランスの変化から自律神経のバランスも崩します。

独自の診察診断法に基づいた、オーダーメイドの全身治療です。体の源である気や血の流れを調整し、補います。

自律神経系さらにはホルモン分泌系への作用が認められています。
経路・筋肉靭帯・体液循環の調整を行います。
自然治癒力に働きかけ、疲労・病気の予防と回復、健康増進を図ります。


つわり、肩こり、腰痛、逆子、腱鞘炎や骨盤矯正など、治療効果に即効性を期待する方におすすめです。
妊娠中や産後の女性から絶大な支持を受けているコースで、気になる症状の緩和はもちろん、体質維持も同時に行います。


妊娠中のお体やお腹の中の赤ちゃんの負担にならない体勢で、筋肉、骨格を整え(ボキボキといった関節調整は致しません。)
筋肉の疲労を取っていくと共に骨盤を安定させ、首や肩関節を動きやすくすることにより、身体のバランスを整えていきます。
妊娠中は何かと不安が多いものです。ホルモンバランスが急激に変化すると共に、身体も毎日変化し痛みの出る場所も変わる事も少なくありません。

施療はその時々の体調や状態に合わせて行っていきますので、出産までの時間を安心して送ることができます。

また、産前だけでなく産後のケアも行います。

出産は骨盤まわりの筋肉や靭帯に多大な負担をかけます。
出産後太ってしまった、骨盤が開いている気がする、下半身のむくみが強い、足が冷えるなど思い当たる症状はないですか?
当院では、出産によりダメージを受けた骨盤をスムーズに元の状態以上に、良い状態にいたします。


一ヶ月検診を終えた後、骨盤を締め込む事によって、産後の日だちが改善。
体重が戻りやすいなどの効果があります。産後の弱った身体や体型の改善、赤ちゃんの夜鳴きなどによる精神的ストレス、寝不足、疲労感などの多くの問題に対し、これらの施療法を用い、健康的な身体づくり、そして健やかな育児と快適な生活をお送りいただけるようお手伝いさせていただきます。
デリケートな状態の産後の骨盤に対しては通常の骨盤調整よりも高い技術が要求されますが、妊産婦専門整体院ですので、初産婦の方でも安心して施術を受けていただけます。

 

 

マタニティ整体を行っている施療院でも安定期に入った16週~35週の方にマタニティ施術を実施しているところがほとんどです。
当院はつわりでお悩みの妊婦さんの来院が多いですが、妊娠初期から産前産後までのお体をトータルにサポートしております。